足もみでダイエット?

2012/11/21 19:15 に 長坂 明美nagasaka が投稿   [ 2012/11/21 20:23 に更新しました ]
今年の春は真冬のような寒さが続きましたが、6月に入って急激に暑くなって、真夏の陽気のようですね。
今回は夏近しということで、女性必読のダイエットの話題でいきましょう。

足もみに来られるお客様の中に、足首からふくらはぎがぱんぱんにかたくなっている方がよくいます。
そのような方は失礼ながら、からだ全体がふくよかな方が多いのですが、ご自分の足について、たいていこうおっしゃる。

「私、太ってるから足も太いの。やせないのよ!」

そういう方の足をもんでいきますと、あら不思議。
早ければその日のうちに。遅くても数回のうちには、みるみる足首がくびれて細くなっていきます。
足だけではありません。
お顔もほっそりと、二重あごがなくなり、首すじがきれいになり、背筋ものびて、お腹も心なしかへっこんで・・・。

「おやせになったんじゃありませんか?」
そう伺うと、確かに体重が少し減ったとのこと。ですが、
「体脂肪は減らないのよねぇ」

体脂肪は減らない。でも体重は減った。
では、いったいからだの中の何が減って、体重が減ったのでしょうか。
答えは水分。
太っていると思っていた、その何割かは、脂肪ではなく浮腫みだったわけです。

これ、女性だけにはかぎりません。
男性でもこういう方がいらっしゃいました。
やはり、見かけは痩せたんだけど体脂肪は変わらない・・・。
いえ、この方、体脂肪は元々低いのです。
ですが、見かけはなんだかずんぐりむっくりしてらして、太って大きく見えた。
8回の施術を終えたいまでは、最初に来られたときより全体的に小さくなったように見えます。

脂肪というのはあまり動かさない場所に多くつきますので、足首やふくらはぎにはつきにくい。
若い頃は足が細かったのに、年をとって足首やふくらはぎが太くなったと感じているあなた。
それは脂肪ではなくて浮腫みかもしれませんよ。

さて、体重は減ったけど体脂肪の減らなかったくだんの女性ですが。
最近、一念発起して定期的な運動をはじめたようです。
浮腫みがとれてちょっと身体が軽くなったら、次は脂肪の燃焼。
そして、ふだんの食事内容の見直し・・・かな。

2010.06.21