暑さ対策に保冷剤活用なんてどう?

2012/11/21 19:31 に 長坂 明美nagasaka が投稿   [ 2012/11/21 20:25 に更新しました ]
いやもう、暑いですねえ。
6月から30度超えって、まったくもう、やってられませんっ!
あまりの暑さに夜はクーラーつけてしまいました。だって寝られないんですもん!
節電も大事だけど、明日の仕事も大事。
こんなんで、今年の夏の電力は間に合うのでしょうか・・・。かなり疑問。

さて、あんまり急に暑くなったのでパニックを起こして、ここ数日暑い暑い言いまっていたのですが。
昨日、整体研究会に参加して、はっと、身体のプロであるはずの私がこれではいかん、と気づき、反省しました。
が、暑いのって昔からとっても苦手。どうしたら・・・。

なんて思っていたら、今朝、父がいつも座っている椅子の近くに妙なものを発見。
梅酒をつけるビンの中に・・・保冷剤が・・・たくさん入ってる???
ああ、扇風機の前に・・・。
つまり、これは、扇風機の風を保冷剤で冷やそうと・・・ああ!
ひらめきました。
そうか、保冷剤ね・・・。

ケーキとか保冷の必要な食品を買うと、小さな保冷剤がついてきますよね。
捨てるのももったいないので、冷凍庫に大量に入ってます。
そっか、これを使えばいいんだと。
で、小さな保冷剤をタオルにつつんで首にまいてみました。
これはいい。

でも、ひとつ気をつけてくださいね。
首の後ろは冷やしてはいけません。
なので、首の前、鎖骨の辺りに保冷剤がいくようにしてみました。
涼しいです。

あとひとつ、冷やすのによいポイントが。
それはわきの下。
わきの下にタオルにつつんだ保冷剤をはさんでみます。
おお!これはいい。
汗がひいていきます~。

2階に上がったら、我が家の老猫(今年19歳になりました!)ぽん太が暑さでぐったりしてました。
いつも日中寝てる敷き布の下に小さな保冷剤をはさんでみました。
ぽん太のび~っと気持ちよさそうです。
老猫で心臓病、腎不全もあるぽん太。あまり冷やしすぎるのも心配です。
でも、これなら一部分だけだからよいかも!

もうひとつ、父のやっていたことをヒントに、試してみようと思っていることがあります。
ペットボトルに水入れて凍らして、窓際においてみる。
けっこう涼しそうだとおもいませんか?
さっそく2本、ペットボトルを凍らせ中です。

あ、ちなみにですが。
整体的には、リンパの流れをよくすると、汗が出やすくなって涼しくなるようです。
でも・・・。実は試してみたのですが、あんまり涼しくなりませんでしたw。
あと、胸郭をひろげると息が楽になって少し涼しいみたいですね。
こちらはちょっと効果があるかな。

しかししかし、直接冷やすのにはかないません。
でも首の後ろを直接冷やすのは厳禁ですよ~。
一時的に涼しくなった気がしても、それをずっとしてると、首ががちがちになって秋口に体調崩します。
なので、私のお客さんには、絶対首の後ろだけは冷やさないでね~とお願いしています。

それと、冷たいものを飲むと確かに冷えるのですが、冷えるのは主におなか・・・内臓です。
これも、続けると秋口から体調崩れますので、ほどほどに。
昨年の猛暑でシャーベット状に凍らした飲み物をがぶがぶ飲んで体調崩して、春から通ってきているお客さんがいらっしゃいますよ。
一度がちがちに内臓冷やしちゃうと温めるのがなかなかたいへんです。
おなかさわってみて、冷たいようなら、冷やしすぎですから、夏でも温かい飲み物を飲んでくださいね。
いくら暑くても、おなかは冷やしちゃだめですよ。     

2011.06.24